ヤフーブランドが日本では圧倒的であることを知っていますか?ドットコムバブルの時代、ヨーロッパとアメリカでは市場をリードする検索エンジンの1つでした。その後、Yahoo Inc.Verisonに買収され、今では日本以外でそのロゴを見かけることは少なくなりました。

日本では、Yahooソフトバンク1996年以降主要株主となり、Yahoo! JAPANとして続いています。日本の人々はYahoo! JAPANを毎日使っています。実際、毎月3,700万人のアクティブユーザーと710億ページビューを誇る日本一のWebポータルです。これらの数字で、Yahoo! JAPANが日本のスマートフォンとPCインターネットユーザーにリーチできる最大のマーケットシェアを持っているのは言うまでもありません。 

検索エンジンとしては、Googleに比べてより関連性の高い結果が得られることで有名ですが、それだけではありません。 Yahoo! JAPANは、ニュース、天気、Eメール、インターネットオークション、電子決済、オンラインショッピングサービスで最も人気があります。Yahoo! JAPANのトップニュースに記事が掲載されることは多くの日本の有名人が目指すステータスであるほどです。

日本のマーケット

なぜ Yahoo!JAPAN は日本で大成功ができたのか?

他の国際的なブランドが日本で事業を行ってきたのと同様に、サクセスストーリーの多くは効果的なローカライズの結果からもたらされます。マーケティング担当者は、キャンペーン実施にあたり、単純な翻訳作業以上のことを行い、文化的な違いも考慮する必要があります。それぞれの市場がユニークであり、日本市場は際立ってユニークであると言えるでしょう。 

Yahoo!が日本でYahoo! JAPANになった時、日本人が運営をする日本の会社になりました。そこでユーザーが何を望んでいるのかを正確に知り、それらのニーズにあったサービスを提供することで、彼らが日本のトップWebポータルとしての地位まで成長し維持できるようなりました。

Yahoo!JAPANに広告を掲載

Yahoo!JAPANを使用する人は多く、Googleに広告を出しているだけでは、マーケットシェアの大部分を見逃すことになります。 SoftBank Telecom Europeでは、プラットフォーム上で広告を掲載したい方に無料サポートを提供しています。 PPC検索広告でもYahooディスプレイネットワーク広告でも、バイリンガルの専門家チームが効果的な広告文とキーワードを使用して適切なユーザーの獲得サポート致します。まずはお気軽にご連絡ください